MT5で使いそうなタグを自分用にまとめておく

去年の11月にリリースされた「MT5 (Movable Type 5)」。
「管理画面が良くなった」とか、「カスタムフィールドが便利になってる」とか、聞こえてくる噂は肯定的なものばかり。

そんなMT5を使う機会がやっと訪れて、ワクワクしながら使い始めたんだけど、意外にMT4系と同じ感じというか、違和感なく使えるっていうのか。なんかメリットを活かしきれてないような感じで、やや拍子抜け...。しかも、久しぶりすぎて、MTのタグをほぼ忘れているという残念な状態。

まあ、でもせっかく使ってみたことだし、次の機会のために、今回おさらいしたMTタグ(一部、MT5の新規タグ)を自分用にまとめておく。


[ブログ関連]

文字のエンコードを表示 (リファレンス
<$mt:PublishCharset$>
ブログの説明文を表示 (リファレンス
<$mt:BlogDescription$>
ブログの名前を表示 (リファレンス
<$mt:BlogName encode_html="1"$>
ブログのURLを http:// から始まる絶対パスで表示 (リファレンス
<$mt:BlogURL$>
テンプレートモジュールや、外部ファイルを読み込む (リファレンス
<$mt:Include module="モジュール名"$>
ブログ記事の一覧を表示 (リファレンス
<mt:Entries include_blogs="children" lastn="5">
	<$mt:Include module="ブログ記事の概要" display_blog_name="1"$>
</mt:Entries>
この「include_blogs="children"」がMT5的。
記事があれば、ブログ記事の一覧を表示 (リファレンス
<mt:If tag="BlogEntryCount" include_blogs="children">
    <mt:Entries include_blogs="children" lastn="5">
        <mt:EntriesHeader>
        <ul>
        </mt:EntriesHeader>
            <li><a href="<$mt:EntryPermalink$>"><$mt:EntryTitle$></a> - <a href="<$mt:EntryBlogURL$>"><$mt:EntryBlogName$></a></li>
        <mt:EntriesFooter>
        </ul>
        </mt:EntriesFooter>
    </mt:Entries>
</mt:If>
記事一覧ページのタイトル画像を、カテゴリに応じたものに切替
<mt:If name="datebased_archive">
        <h2><$mt:ArchiveTitle$>アーカイブ</h2>
<mt:Else>
        <h2><img src="<$mt:BlogURL$>images/ttl_<$mt:CategoryBasename$>.gif" alt="<$mt:ArchiveTitle$>" /></h2>
</mt:If>
サイドバーの「カテゴリ一覧」でカレントカテゴリにclass="current"を付与
<mt:If name="category_archive">
<mt:SetVarBlock name="thisArchive"><$mt:ArchiveTitle$></mt:SetVarBlock>
</mt:If>
<mt:If name="currentArchive" eq="$thisArchive">
        <mt:If tag="CategoryCount">
            <li class="current"><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"<mt:If tag="CategoryDescription"> title="<$mt:CategoryDescription remove_html="1" encode_html="1"$>"</mt:If>><$mt:CategoryLabel$></a>
        <mt:Else>
            <li class="current"><span><$mt:CategoryLabel$></span>
        </mt:If>
<mt:Else>
        <mt:If tag="CategoryCount">
            <li><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"<mt:If tag="CategoryDescription"> title="<$mt:CategoryDescription remove_html="1" encode_html="1"$>"</mt:If>><$mt:CategoryLabel$></a>
        <mt:Else>
            <li><span><$mt:CategoryLabel$></span>
        </mt:If>
</mt:If>

[Webサイト関連] (MT5)

ウェブサイトの名前を表示 (リファレンス
<mt:BlogParentWebsite><$mt:WebsiteName$></mt:BlogParentWebsite>
単体の「<$mt:WebsiteName$>」は、使えないっぽい...
ウェブサイトのURLを http:// から始まる絶対パスで表示 (リファレンス
<mt:BlogParentWebsite><$mt:WebsiteURL$></mt:BlogParentWebsite>
URLも単体じゃ使えない...
ウェブサイトの名前とURLを変数に入れる (リファレンス
<mt:SetVarBlock name="siteName"><mt:BlogParentWebsite><$mt:WebsiteName$></mt:BlogParentWebsite></mt:SetVarBlock>
<mt:SetVarBlock name="siteURL"><mt:BlogParentWebsite><$mt:WebsiteURL$></mt:BlogParentWebsite></mt:SetVarBlock>
ってことで、変数化することに。
ウェブサイトの名前とURLを変数から出力 (リファレンス
<a href="<$mt:Var name="siteURL"$>"><$mt:Var name="siteName"$></a>
ちょっと使いやすくなりました。

ということで、完全に自分用の「MTタグまとめ」でした。
このページ、僕のアクセスが一番多くなるんだろうな。...いいんです、自分用なので。